手作りの方法

指輪と白い花

オーダーメイドとは、既製品ではなく自らデザインを考えて作る指輪のことです。
セミオーダーとフルオーダーがあり、セミオーダーは既製品のリングや宝石を選んでそれを組み合わせて作りますが、フルオーダーはデザインから自身で考えて職人の手で作ります。
価格はフルオーダーの方が高くなりますが、費用平均は15万円~35万円とかなり幅広くなっています。
もちろん拘りを強く入れようと思えば、その分、費用は高くなるでしょう。
もし費用を抑えたいのなら素材をプラチナではなくシルバーにする、また宝石の品質を落とすなどで対処できます。
価格云々、クオリティ云々ではなく、世界に一つだけという付加価値を重視して結婚指輪を作ってみましょう。

結婚指輪の購入率で言えば既製品が人気です。
既製品とはジュエリーブランドが販売している完成品のことで、誰もが知るブランドから選べる、完成品なのでイメージしやすいというメリットがあります。
ただ、思い出という付加価値のために、想い入れが深いカップルほどオーダーメイドを選択する方が多くなっています。
また、世界に一つだけというのは愛する二人にとっては特別な意味があるのではないでしょうか。
よって今後、著しく需要が伸びることは難しいかもしれませんが、安定的な動向でオーダーメイドで指輪を購入する人が出てくるでしょう。
職人からすれば顧客の争奪戦にもなっているため、各店でサービスなどを厚くしてお得に購入することも可能です。