前もって準備を

バラと花嫁と花婿の手

近年、結婚指輪をオーダーメイドで作る方が増えています。
オーダーメイドとは、リングの形状、宝石の種類、彫りなどを自分たちで考えて作るオリジナルの指輪のことです。
一口にオーダーメイドといってもセミオーダーとフルオーダーがありますが、このうち完全手づくりはフルオーダーになります。
フルオーダーメイドは、デザインから素材まで自分で考え、職人に手作りで制作してもらいます。
デザインから自分たちで考えるということで、他にはない世界に一つだけの指輪を作ることができるでしょう。
そのため趣向を活かして、オリジナル性を追求したいカップルに選ばれています。
フルオーダーですと制作期間に2~3か月かかることになり、価格も割高になりますが、思い出深い指輪が作れるのが利点です。

フルオーダーメイド以外ですと、セミオーダーメイドと既製品があります。
セミオーダーメイドは、既製のリングから種類を選び、更にそこにはめ込む宝石を選んで作ります。
よってデザインから考えるわけではありませんが、組合せ次第で他にはない指輪を作ることができるでしょう。
既製品ですと、すでにデザインが完成されたものの中から選びます。
一般的にはラグジュアリーブランドから選ばれており、ブランドによってはステイタスを感じさせてくれるでしょう。
ただ、完成品とは言えオプションで加工することも可能ですので、宝石を追加したり、刻印を刻んだりすることが可能です。
手作りを重視するのならオーダーメイドがおすすめですが、何を求めるかによっておすすめの指輪は異なります。